人が生まれてから受ける教育

教育とは、人に沢山の知識を身に付ける為に存在します。
人は生まれてくる時は無知で言葉さえも喋る事ができない状態ですが、親の声を聞き、話に耳を傾けていくうちに次第に言葉を覚えて行きます。
これもまた親が子供に教える教育の一つであり、その他としては、トイレトレーニングや食事のマナーも身に付けていきます。
そして幼稚園くらいになると、言葉が話せるようになりコミュにケーションが取れるようになります。
幼稚園では集団生活に慣れるため、友達とたくさん遊んだり絵や工作等を楽しむ教育を行います。
そして小中学校は義務教育と呼ばれ人が最低限必要とする学問を身に付けるのです。
社会にでるために義務教育で学ぶ事柄は必ず必要になりますから、親は子供に必ず義務教育を受けさせる必要があります。
義務教育は学問だけではなく、心を育てる道徳や身体を鍛える体育等の授業もあり、最低限必要な脳と体の成長を養います。
中学以降は就職と進学と二手に道は分かれますが、現在の日本では就職難が問題になっており学歴も重視されるので、高校進学は就職のためにも行っていたほうが良いともいえます。
その後は、目指す職種によって大学への進学が必要になります。
医者や学校の教員等は大学への進学が必要になり、さらに様々な知識を身に付ける必要があるのです。